セルジュ ラトゥーシュ(英語表記)Serge Latouche

現代外国人名録2012の解説

セルジュ ラトゥーシュ
Serge Latouche


国籍
フランス

専門
経済哲学者;思想家

肩書
パリ南大学名誉教授

生年月日
1940

出生地
ヴァンヌ(ブルターニュ地方)

経歴
1966年にパリ第1大学政治学院に博士論文「世界規模の困窮化」を提出する傍ら、フランス政府の開発協力プロジェクトの一員として’64〜66年の2年間ザイールに滞在。’66〜68年にはラオスの開発協力に従事。’60年代末よりリール大学教授就任後は近代政治経済学の研究を開始。’81年には同僚のアラン・カイエとともに研究プロジェクト“社会科学における反功利主義運動”(通称・MAUSS)を設立し、独自の学術活動を進めた。のちパリ南大学(オルセー)名誉教授。開発経済学と西洋の社会発展思想の論理的・倫理的矛盾を解明する学術書や、国際開発政治を批判する啓蒙書を多数発表。邦訳書に「経済成長なき社会発展は可能か?―“脱成長”(デクロワサンス)と“ポスト開発”の経済学」がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android