セーフ

精選版 日本国語大辞典「セーフ」の解説

セーフ

〘名〙 (safe)
球技で、ボールがインだと判定したときに用いる語。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕
② 野球で、打者または走者が安全にを得ること。⇔アウト
※日本‐明治三九年(1906)一〇月二九日「続く桜井は一塁に強ゴロを与へて森本ミスしてセーフとなり」
③ ある基準に達すること。うまく行くこと。間に合うこと。「発車時間にあやうくセーフだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「セーフ」の解説

セーフ(safe)

《安全な、無事な、の
野球で、走者または打者が塁に生きること。⇔アウト
テニス・卓球などで、規定線内にボールが入ること。イン。
うまくいくこと。無事に済むこと。間に合うこと。「開始時間にあやうくセーフだった」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android