コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セー・アンド・シール(子) セー・アンド・シール[し]Saye and Sele, William Fiennes, 1st Viscount

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セー・アンド・シール(子)
セー・アンド・シール[し]
Saye and Sele, William Fiennes, 1st Viscount

[生]1582.5.28. オックスフォードシャー
[没]1662.4.14. オックスフォードシャー
イギリスの政治家。オックスフォード大学に学び,1613年男爵を継ぎ,24年子爵となったが,上院にあって王権による不法課税を強く批判。 1630年代にはアメリカ植民に参画。 42年清教徒革命勃発後はチェシャーなど3州の統監,公安委員として働き,上院における議会派の指導者として,軍隊の支配権を独立派が掌握する辞退条令 (1645) の通過などに尽力。 48年捕虜となった国王チャールズ1世に議会との妥協を進言して成らず,国王処刑後政界から退き,60年王政復古ののち枢密顧問官となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

セー・アンド・シール(子)の関連キーワード明智光秀江馬輝盛斎藤利三清水宗治諏訪勝右衛門の妻武田信勝武田信廉土岐頼芸明智光秀小岩嶽城

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone