コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼブリナ wandering Jew

翻訳|wandering Jew

世界大百科事典 第2版の解説

ゼブリナ【wandering Jew】

温室で栽植されるツユクサ科の常緑多年草。ハカタカラクサとも呼ばれ,明治中ごろに渡来した。挿木繁殖が容易で,温室の棚下などでもよく育ち,生長も早く,夏のつり鉢物として人気があり,普及してきた。葉は長さ6~8cmの長卵形で,葉の表は紫褐色に銀白色の太い縞が2本入り,裏は濃紫紅色となる。日陰でもよく育つが強光にも耐えるので,夏は花壇にも利用できる。園芸品種のディスカラーcv.Discolorは銀白色の縞が不明りょうで銅緑色となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼブリナ
ぜぶりな
[学]Zebrina

ツユクサ科の多年草。メキシコ、グアテマラの原産。観葉植物として栽培され、茎は多汁・多肉質で、地面をはい、枝分れして伸びる。温室内の地被植物や吊(つ)り鉢に用いられる。ペンデュラ種(和名シマフムラサキツユクサ、ハカタカラクサ)がよく栽培される。葉は卵状長楕円(ちょうだえん)形、表面は銀白色で、中央と縁(へり)に暗紫緑色の条線が入り、裏面は紫紅色。10月ころ桃紫色花を開く。葉色が違う変種がある。本種より大形のプルプシー種は、葉の表面は暗褐紫色で、裏面は紅紫色である。10月ころ藤(ふじ)色の花を開く。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のゼブリナの言及

【トラデスカンティア】より

…一方,熱帯アメリカ原産のものには,観葉鉢物として栽培される種がある。トラデスカンティア・アルビフロラT.albiflora Kunth(英名wandering Jew)は匍匐(ほふく)する茎をもち,その栽培品種アルボビッタータcv.Albovittataは葉に白色線状斑が入る大型種で,茎も太く強健で,つり鉢に向く。緑葉に戻ることがあるので,選抜が必要。…

※「ゼブリナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ゼブリナの関連キーワードハカタカラクサ(博多唐草)カラテア

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android