コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼーデルブロム ゼーデルブロム Söderblom, Nathan

3件 の用語解説(ゼーデルブロムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼーデルブロム
ゼーデルブロム
Söderblom, Nathan

[生]1866.1.15.
[没]1931.7.12.
スウェーデンルター派神学者,大主教。ルター派教会の牧師となり,パリにスウェーデン人の教会の牧師として赴任 (1894~1901) ,帰国してウプサラ大学教授 (01) ,次いでライプチヒ大学教授 (12) となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゼーデルブロム

スウェーデンのルター派神学者。ウプサラ大学に学び,同大学およびライプチヒ大学教授,1914年全教会の監督となった。世界教会運動の主導者の一人で,主著は《神信仰の生成》(1914年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼーデルブロム
ぜーでるぶろむ
Nathan Sderblom
(1866―1931)

スウェーデンの神学者、宗教学者。1901年以来ウプサラ大学で教え、12~14年はドイツライプツィヒ大学に新設された宗教史講座の教授を兼ねた。「聖」観念の重要性を強調し、高等宗教の二類型を分けたこと、ならびに「神」信仰をマナ、アニミズム、起因者信仰の三要素の複合として解明したことが、学問上のおもな業績とみなされる。他方、14年ウプサラの教会監督となり、全世界の教会が一致して包括的な救いの実現を目ざすエキュメニカル運動に尽力するなど、実践家としても大きな貢献をして、30年にノーベル平和賞を受けた。[田丸徳善]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼーデルブロムの関連キーワード組合せ階乗基底差分方程式数値積分スターリングの補間公式リーマン幾何学勃・歿・没三角数

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone