コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未熟児貧血 みじゅくじひんけつ Anemia of Prematurity

1件 の用語解説(未熟児貧血の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

みじゅくじひんけつ【未熟児貧血 Anemia of Prematurity】

[どんな病気か]
 生まれたときの体重が2000g以下の低出生体重児は、大部分が生後数週間たつと貧血になります。
 これは、旺盛(おうせい)なからだの成長に、造血機能が追いつかないことが原因のこともありますし、造血機能がまだ未熟なことが原因のこともあります。
 特別な症状はありません。体重の増加不良などで気づくことがあります。
 このような貧血は心配ありません。生後10~12週になって貧血がある程度ひどくなると、造血機能が追いついてきて、貧血は自然に治ります。
 しかし、未熟児は、生後3か月以降になって鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)がおこってくることが多く(未熟児後期貧血(みじゅくじこうきひんけつ))、鉄剤の使用が必要となります。
 また、下痢(げり)のために巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)がおこることもあり、このときには、下痢の治療とともに、葉酸(ようさん)の使用が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

未熟児貧血の関連キーワード出生体重何心地不死身プリマドンナ病は気から疫病み低出生体重クラークの体重法則体重ベア

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone