コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソイトー(綏徳)県 ソイトーSuide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソイトー(綏徳)〔県〕
ソイトー
Suide

中国西北地方,シェンシー (陝西) 省北東部,ユイリン (楡林) 地区の県。ホワントー (黄土) 高原を流れるウーティン (無定) 河の中流部にある。ウェイ (渭) 河平原から内モンゴル (蒙古) 高原およびホワン (黄) 河の渡河点ウープー (呉堡) 県に出る自動車交通の要衝。古くから遊牧民族の侵入を防ぐ軍事的拠点として重視され,宋代には綏徳軍が駐屯し,元代には綏徳州の治所であった。キビ,アワ,コーリャンなどの雑穀を主とする農業地帯で,ジャガイモ,ナツメの産出も多い。山腹ではヒツジ,ヤギの放牧が盛んである。第3次国内革命戦争では,胡宋南の率いる国民党政府軍に対し,紅軍と住民が遊撃戦術で壊滅的打撃を与え,中国全土の解放への緒を開いた地である。石炭が埋蔵される。 1920年代に省北部に共産党組織を創設した李子洲の墓がある。人口 30万 8686 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報