コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソタデスの画家 ソタデスのがかSotades Painter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソタデスの画家
ソタデスのがか
Sotades Painter

古代ギリシアの陶画家。前460~前450年頃にアテネで活躍。陶工ソタデスの署名のある陶器に絵付けをしているため,この名で呼ばれる。赤像式,白地式陶画を描く(→赤像式陶器)。ビアズリーは 20点の陶器画を彼の作としている。代表作は『グラウコスとポリュエイドス』(白地式杯内面,大英博物館)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ソタデスの画家の関連キーワードヒッポクラテスギリシア哲学史(年表)国民年金空洞化ラジオ波熱凝固療法映画検定ユニコーン企業あおなみ線アフリカのHIVイラク戦費オーストラリアの気候と農業

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android