コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラウコス グラウコスGlaukos

3件 の用語解説(グラウコスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラウコス
グラウコス
Glaukos

ギリシア神話の海神。もとはボイオチアのアンテドンに住むただの漁民であったが,あるとき偶然発見した不死の薬草を食べて海に飛込むと,ネレイデスたちに清められ,下半身が魚の形で,緑色の毛とひげのある体を海藻でおおわれた海神となり,予言の能力をもつようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラウコス【Glaukos】

もともと古代ギリシア語の〈青緑,灰色,銀ねず色〉を意味する形容詞で,この名をもった数人の神話・伝説中の人物がいる。おもなものは,(1)海神。オウィディウスの《転身物語》によれば,彼はもとボイオティア地方のアンテドンの漁夫であったが,たまたま口にした薬草のおかげで,上半身は人間,下半身は魚の姿をした海神となった。その後,まだ美少女だったスキュラSkyllaに求愛したものの相手にされなかったため,魔女キルケに助力を請うたところ,彼女はスキュラを海の女怪に変じてしまったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラウコス
ぐらうこす
Glaukos

ギリシア神話、および伝説にしばしば登場する神や英雄の名。
(1)海神。もとはボイオティアの町アンテドンに住む漁師であったが、薬草を食べて不死となり、海中に身を投じて海神の仲間入りをした。預言能力をもち、船乗りたちの守護者でもある。アルゴ遠征隊のためにも種々尽力し、アルゴ船の建造者とも、また遠征に同行したともいわれる。彼は海神フォルキスの娘スキラを愛したが拒絶され、怒って彼女を六つの頭と12本の足をもつ怪物に変えた。一説には、彼女を怪物に変えたのはグラウコスに恋していたキルケの嫉妬(しっと)であったともいう。メネラオスがトロヤからの帰途マレアの岬に差しかかったとき、オレステスの母殺しを告げ知らせたのはこのグラウコスである。アイスキロスに、悲劇『海のグラウコス』(断片)がある。
(2)エフィラ(コリントスの古名)の王シシフォスとアトラスの娘メロペとの息子。妻はエウリノメで、ベレロフォンの父とされる(実の父はポセイドン)。テバイ(テーベ)近郊のポトニアイに住み、人肉を餌(えさ)に1頭の悍馬(かんば)を飼育していたが、イオルコスで催されたペリアス葬礼競技の際にこの馬を駆って戦車競技に出場し、イオラオスに敗れた。のちに狂ったこの馬に食われて死んだ。アイスキロスに悲劇『ポトニアイのグラウコス』(断片)がある。
(3)ベレロフォンの子ヒッポロコスの息子。したがって(2)のグラウコスの曽孫(そうそん)にあたる。サルペドンとともにリキア勢を率い、トロヤ軍中もっとも勇敢な将の一人とされた。戦闘中、かつて祖父ベレロフォンが友好の契りを交わしたオイネウスの孫ディオメデスと相まみえ、互いに武具を交換して両家の変わらぬ友好関係を確認したが、その際ディオメデスの武具は青銅製であったのに、グラウコスのほうは黄金製であったため相手に利を与える結果となった。のちにテウクロスに傷つけられるが、アポロンに治癒された。最後はヘクトルとともにパトロクロスの遺体をめぐる戦闘に出陣し、アイアス(大)に討ち取られたが、その死体はアポロンによってリキアへ連れ戻された。
(4)クレタ島の王ミノスの息子。母はパシファエ。まだ幼児のころ、ネズミを追って遊んでいるうちに誤って蜜(みつ)を入れる大甕(おおがめ)の中に落ち、溺死(できし)した。息子が行方不明になったのに驚いたミノスは、占い師を集めて行方を探らせたが、そのなかの1人ポリエイドスがグラウコスを発見し、薬草を用いて生き返らせた。またミノスは息子に預言術を教え込むようポリエイドスに強要し、そうするまでは故国アルゴスに帰さなかった。しかたなくポリエイドスはグラウコスに預言術を授けたが、いざ帰るというとき、自分の口中に唾(つば)を吐くようグラウコスに命じ、彼はいわれたままにそうしたのでたちまち預言術を忘れてしまったという。グラウコスの生命を救ったのはアスクレピオスだとする説もあり、これに取材してアイスキロスに『クレタの女』、ソフォクレスに『占い師』または『ポリエイドス』、エウリピデスに『ポリエイドス』があるが、すべて小断片である。
(5)トロヤ王プリアモスの数多い息子のうちの1人。妾腹(しょうふく)の子。
(6)同じくトロヤのアンテノルの息子。トロヤ落城の際、危ういところを父アンテノルとのよしみでオデュッセウスとメネラオスがこれを助けた。
(7)オデュッセウスの妻ペネロペイアに言い寄る数多くの求婚者のうちの1人。ドゥリキオンの島の男。
(8)ウェルギリウスの『アエネイス』に登場するイムブラソスの息子。トゥルヌスの槍(やり)に討たれて死ぬ。
(9)スパルタ人エピキデスの子。人から預かった金を詐取せんとしてデルフォイの神託を試したため、のちに一族の破滅を招いた。[丹下和彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のグラウコスの言及

【不老不死】より

…プロメテウスは,毒矢を射られたケンタウロスのケイロンから不死の命を譲り受けたといい,エンデュミオンはゼウス(一説には恋人である月神セレネ)に不老不死を願って許される。またグラウコスは薬草を食べて不死となる。神々の食物アンブロシアや神酒ネクタルも不死にする力をもつことで知られる。…

※「グラウコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone