コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソボルノスチ sobornost’

1件 の用語解説(ソボルノスチの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ソボルノスチ【sobornost’】

19世紀のホミャコーフベルジャーエフなどロシアの宗教思想家に見られた神学思想をいうが,さらに神学の枠をこえ,西ヨーロッパとロシアを識別するロシア民族性の特質とされた理念をもさす。ロシア語ソボルsobor(集い)から派生したことばである。ホミャコーフによれば,ソボルノスチギリシア語koinōnia(交わり,共同精神)と同じく,キリストと結ばれた人々のあいだの自由な連合ないし共同体的一体性を意味し,初代教会の信者の交わり(《使徒行伝》2‐42)にその原型が見られるとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ソボルノスチの関連キーワードチャーダーエフベルジャーエフジンジャーエールソルジャーマジャール人エーエフディーエフジャコボジャコボ大聖堂メジャーレーベルジャーコーク (jar calk)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone