コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソラスズメダイ Pomacentrus coelestis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソラスズメダイ
Pomacentrus coelestis

スズキ目スズメダイ科の海水魚。観賞用として飼育される。体は長卵形で全長 8cm内外。口は小さい。体の上面は美しい青色,下面および後部は黄色で,胸鰭のつけ根の部分が黒い。千葉県以南の暖海の磯に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソラスズメダイ
そらすずめだい / 空雀鯛
neon damsel
[学]Pomacentrus coelestis

硬骨魚綱スズキ目スズメダイ科に属する海水魚。千葉県と新潟県以南、南西諸島、および朝鮮半島に分布する。体は長卵形で全長約7センチメートルの小形種。体は鮮やかな青色で、幼魚は腹部と尾びれが黄色。水深数メートルくらいまでの岩礁域に生息し、成熟した雄は夏に礫(れき)の表面を掃除して数尾の雌に産卵させ、数百粒の粘着卵を保護する。卵は水温25℃で4、5日で孵化(ふか)する。食用とはされず、観賞魚とされる。[井田 齋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソラスズメダイの言及

【スズメダイ】より

…本科は日本周辺に見られるものだけでも17属90種という大世帯の科だが,いずれも卵円形の小型種で,色彩豊かで,クマノミをはじめ水族館の人気者が多い。南方系で科としての分布は本州中部以南だが,多くの種類が熱帯,亜熱帯のサンゴ礁にすみ,本州の磯で見られるのはオヤビッチャ(イラスト),イソスズメダイ,シマスズメダイ,ソラスズメダイ(イラスト)などである。 スズメダイはこの科の中でもっとも北まで分布する種である。…

※「ソラスズメダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ソラスズメダイの関連キーワード壱岐手長島海域公園地区対馬浅茅湾海域公園地区阿波竹ヶ島海域公園地区阿波大島海域公園地区木ノ浦海域公園地区相川海域公園地区竜串海域公園地区雀鯛

ソラスズメダイの関連情報