ソルトレークシティー(英語表記)Salt Lake City

翻訳|Salt Lake City

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ソルトレークシティー」の解説

ソルトレークシティー
Salt Lake City

アメリカ合衆国,ユタ州州都。同州最大の都市。ワサッチ山脈の西麓部,グレートソルト湖南岸から南へ長く続く肥沃な谷の中央部の標高 1330mに位置する。 1847年モルモン教徒開拓地の中心をなす町として建設され,B.ヤングが組織した移住団が入植して独自の市政を施行,「ニューエルサレム」または「聖者の町」として有名。花崗岩聖堂,時計塔,市役所などの古い建築物が残り,モルモン教の本部がある。 96年,州都となった際,教徒と中央政府との間に多くの摩擦が起きた。産銅地域の商業中心地で,コンピュータ,鉱業機械,鋼板,石油化学,衣料などの工業が盛んで,鉄道,高速道路,空路など交通の要地。ユタ大学 (1850創立) ,ウェストミンスター・カレッジ (75創立) をはじめ,多数の美術館や図書館があり,管弦楽団,歌劇団をもっている。周辺にはグレートソルト湖をはじめ,アルタスノーバードといったスキー場など,観光施設が多い。北西オグデンと連接して大都市圏を形成。人口 18万6440(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android