コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソレー効果 ソレーこうか Soret effect

1件 の用語解説(ソレー効果の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ソレー効果

希薄溶液内で温度が点から点に変化するならば,溶質(solute)の濃度も同様に変化し,濃度がどこでも絶対温度に比例する場合にのみ平衡状態となる[Soret : 1888].溶液に温度勾配を与えて放置しておくと一般には濃度勾配を生じ,特定の成分がより高温側に拡散し濃縮される.この効果を熱拡散(thermal diffusion)あるいは,この現象を発見したルードヴィヒおよび後に独立に確認したソレーの名をとってルードヴィヒ・ソレー効果あるいはソレー効果と呼んでいる[Ludwig : 1856, Soret : 1889, 1881].
温度勾配による濃度勾配が生じると濃度拡散が起こる.濃度拡散と温度勾配によるソレー効果とが平衡状態に達する場合には拡散平衡となる.またソレー効果と,温度勾配を解消する方向に物質が移動する対流とは相反する効果で,物質は逆方向に移動して拡散平衡の状態に達する.しかしマグマの内部で拡散が行われて平衡状態となるためには静穏であることが必要であって,実際のマグマ内部が静穏で対流が全くないことは困難であり,ソレー効果がマグマの分化作用で重要な働きをすることはない.ティールが岩石学にソレー効果を応用し,ボーエンがソレー効果に触れている[Teall : 1888, Bowen : 1921].
その後ワールとバートがプリビロフ(Pribilof)島の変成作用でソレー効果を扱った例がある[Wahl : 1946, Barth : 1952].大洋中央海嶺玄武岩マグマにソレー効果による分離が認められたという考えがあるが,これには反対意見がある[Walker & DeLong : 1982, 1984, Elthon & Casey : 1984].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソレー効果の関連キーワードプロビタミン目が点になるサーミスター温度計自記温度計希薄溶液物性ファントホッフの法則イオン強度の法則第二種塩効果熱レンズ効果ランク効果(流体力学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone