熱拡散(読み)ネツカクサン

化学辞典 第2版「熱拡散」の解説

熱拡散
ネツカクサン
thermal diffusion

2種類の気体の混合物に温度傾斜を与えるとき,重い成分が低温方向に,軽い成分が高温側に移動する現象.S. Chapman(1916年)が理論的に予言し,まもなく実験的に証明された.たとえば,H2 とCO2の1:1混合物をでつないだ二つのガラス容器に入れ,一方を200 ℃,他方を10 ℃ に保ち,平衡に達したのち分析すると,H2 は高温側で,低温側より全濃度の2.2% だけ多い.また,垂直に立てた円筒形ガラス管の中心軸にそって金属線を張り,これを加すると軽い成分は中心部に,重い成分は低温の管壁のほうに移動し,前者対流によって上方に,後者下方に集まる.この現象を利用して,同位元素分離を行うことができる.熱拡散は気体混合物だけでなく,液体混合物にもみられる.熱拡散の現象は厳密な熱伝導考察から理論的に導かれるが,距離上の分子間の反発力が r-5 に比例するときにはこの効果はみられない.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「熱拡散」の解説

熱拡散
ねつかくさん
thermal diffusion

混合流体の温度が一様でないとき,高温側に一方の成分が,低温側にほかの成分が集る現象。普通は軽い成分が高温側に集るが,低温になると逆転することもある。同位体の分離などに応用される。なお,伝熱工学の分野では k/(Pcp) を熱拡散率と呼ぶことがあるが,これは上記の熱拡散とは全く関係がない。ここで k熱伝導率Pは密度,cp定圧比熱である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典「熱拡散」の解説

熱拡散

(1) 温度分布が一様でない混合流体で,温度勾配が駆動力となって拡散が起こり,その結果濃度勾配が形成され,一方の成分を高温側へ,他方の成分を低温側へ寄せ付ける拡散現象が生じる.これをソレー効果(Soret effect)という.熱拡散は温度拡散ともいう.(2) 熱が高温領域から低温領域に拡散する現象をいい,その強さは熱拡散率で表される.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

デジタル大辞泉「熱拡散」の解説

ねつ‐かくさん〔‐クワクサン〕【熱拡散】

混合流体の内部温度差があるとき、各成分流体それぞれが少しずつ一方の方向に移動して、全体の成分組成が拡散する現象。ふつう重い分子が低温側に移動する。気体の熱拡散は、同位体の分離などに利用。温度拡散。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「熱拡散」の解説

ねつ‐かくさん ‥クヮクサン【熱拡散】

〘名〙 混合流体の内部に温度差があるとき、成分の一方を高温側へ、他方を低温側へ寄せつける拡散現象。また、熱が高温領域から低温領域へ拡散する現象をいうこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「熱拡散」の解説

熱拡散【ねつかくさん】

2種の気体を混合して管に入れ,両端を異なる温度に保つと,重い分子が低温側,軽い分子が高温側に移る拡散現象。同位元素の分離に利用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の熱拡散の言及

【拡散】より

…これも拡散現象であり,このように同種類の物質における拡散を自己拡散と呼ぶ。茶わんに熱い茶をいれると,しだいに外側まで熱くなってくるが,これは固体内での熱エネルギーの拡散現象で,熱拡散と呼ばれている。ただしストーブで部屋が暖まるのは対流によるもので,空気中における熱拡散はきわめて緩慢である。…

※「熱拡散」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android