コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱拡散 ねつかくさんthermal diffusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱拡散
ねつかくさん
thermal diffusion

混合流体の温度が一様でないとき,高温側に一方の成分が,低温側にほかの成分が集る現象。普通は軽い成分が高温側に集るが,低温になると逆転することもある。同位体分離などに応用される。なお,伝熱工学の分野では k/(Pcp) を熱拡散率と呼ぶことがあるが,これは上記の熱拡散とは全く関係がない。ここで kは熱伝導率,Pは密度,cp定圧比熱である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ねつ‐かくさん〔‐クワクサン〕【熱拡散】

混合流体の内部に温度差があるとき、各成分流体それぞれが少しずつ一方の方向に移動して、全体の成分組成が拡散する現象。ふつう重い分子が低温側に移動する。気体の熱拡散は、同位体の分離などに利用。温度拡散

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

熱拡散【ねつかくさん】

2種の気体を混合して管に入れ,両端を異なる温度に保つと,重い分子が低温側,軽い分子が高温側に移る拡散現象。同位元素の分離に利用される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

熱拡散

(1) 温度分布が一様でない混合流体で,温度勾配が駆動力となって拡散が起こり,その結果濃度勾配が形成され,一方の成分を高温側へ,他方の成分を低温側へ寄せ付ける拡散現象が生じる.これをソレー効果(Soret effect)という.熱拡散は温度拡散ともいう.(2) 熱が高温領域から低温領域に拡散する現象をいい,その強さは熱拡散率で表される.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ねつかくさん【熱拡散】

二種の成分からなる流体に場所による温度差を与えたとき、一方の成分が高温側へ、他方の成分が低温側へ移動して成分組成の変化を生ずる現象。普通は軽い成分が高温側へ、重い成分が低温側へ移動する。気体の熱拡散は同位体の分離に利用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の熱拡散の言及

【拡散】より

…これも拡散現象であり,このように同種類の物質における拡散を自己拡散と呼ぶ。茶わんに熱い茶をいれると,しだいに外側まで熱くなってくるが,これは固体内での熱エネルギーの拡散現象で,熱拡散と呼ばれている。ただしストーブで部屋が暖まるのは対流によるもので,空気中における熱拡散はきわめて緩慢である。…

※「熱拡散」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱拡散の関連キーワードゲルマニウム半導体検出器ソレー効果(熱拡散)ツェナーダイオードデュフール効果イオン打込みアイソトープフーリエ級数仁科 芳雄同位体分離熱重力機構ソレー係数温度伝導率熱伝導率ルイス数分別

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android