コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソロベツキー修道院 ソロベツキーシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

ソロベツキー‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ソロベツキー修道院】

Solovetskiy monastïr'Соловецкий монастырь》ロシア連邦北西部、白海のオネガ湾に浮かぶソロベツキー諸島にある修道院。15世紀にキリロベロゼルスキー修道院からやって来た二人の修道士により創設。16世紀から19世紀にかけて、数々の大聖堂、住居、作業場が建造された。また、ロシアの北方防備を目的として、八つの塔をもつ堅固な城壁が築かれた。ロシア革命後、同国初の強制収容所が置かれ、第二次大戦前に閉鎖。修道士による復興が進められている。1992年、「ソロベツキー諸島の文化と歴史遺産群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ソロベツキー修道院の関連キーワードオネガ湾

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android