コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーファー・フロート・システム sofar float system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソーファー・フロート・システム
sofar float system

海水中に存在する音速極小層を利用し,中立ブイを流して追跡しながら,深層の海流を測定する装置。海水中の音速は水温・圧力が高いほど大きい。海洋は深度が増すにつれて水温は下がり,水圧は増加するため,中緯度では約 1000m深に音速極小層ができる。音速極小層の海水とほぼ等しい密度の中立ブイを放流し,一定の時間間隔で音波を発信させ,それを数点で受信することでブイの位置を算出し,海流を推算する。音速極小層は遠くまで音が届くことで利用されており,現在は大西洋では中立ブイを 3000m深付近にまでおろして観測している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android