ゾウゲヤシ(読み)ぞうげやし

  • ivory palm

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

胚乳(はいにゅう)が硬い角質をなし、ボタンなどの工芸品の材料に用いるヤシの総称。胚乳の表面を磨くと象牙(ぞうげ)色の光沢を帯びるのでゾウゲヤシの名がある。タイヘイヨウゾウゲヤシMetroxylon amirarum Becc.とアメリカゾウゲヤシPhytelephas macrocarpa Ruiz et Pavonがもっとも有名である。[佐竹利彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のゾウゲヤシの言及

【オオボタンヤシ】より

…葉は屋根ふき用になり,幹の髄からデンプンがとれる。なお植物象牙を産するものに南アメリカ産のブラジルゾウゲヤシPhytelophas marcrocarpa R.et P.や西アフリカ産のRhaphia vinifera Beauv.などがあり,一般にゾウゲヤシ(英名ivory nut)の名で呼ばれている。【初島 住彦】。…

※「ゾウゲヤシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android