コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイタスビル Titusville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイタスビル
Titusville

アメリカ合衆国,フロリダ州中部の都市。メリット島北部のケネディ宇宙センターとは,インディアンリバー (潟湖) を渡る堤道で結ばれている。 1867年に H.タイタス大佐が入植,86年町になったとき彼にちなんでいまの名がつけられた。翌年ジャクソンビル,タンパキーウェストから鉄道が延び,オレンジの出荷地となった。 1946年市となり,63年インディアンリバー市などを合併した。 50年代以後観光事業の重要度が増し,付近にある宇宙飛行関係の研究と工業が市の経済に及ぼす影響が強くなっている。人口3万 9394 (1990) 。

タイタスビル
Titusville

アメリカ合衆国,ペンシルバニア州北西部の小都市。エリー湖南東 65kmのオイル川沿岸に位置する。 1796年タイタス兄弟が建設。製材と農業の中心地として繁栄。 19世紀中頃に石油が発見され,石油精製所ができたが,1892年5月,水害のためタンクがこわれ,流出した石油に引火して大災害となった。 1950年以後石油の産出は停止された。現在は石油開発当時を記念する博物館がある。人口 6434 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のタイタスビルの言及

【石油産業】より

…とくに,探鉱・開発,採掘,輸送を上流部門(アップ・ストリーム),精製を下流部門(ダウン・ストリーム)ということがある。
【国際石油産業の沿革】

[起源と展開]
 世界の石油産業の起源は,1859年にアメリカのペンシルベニア州タイタスビルTitusvilleで,石油会社の技師ドレークEdwin Laurentine Drake(1819‐80)が綱式さく井法による石油の生産に成功したことにさかのぼる。しかし70年にJ.D.ロックフェラーがアメリカのクリーブランドにスタンダード・オイル・オブ・オハイオ社Standard Oil Co.of Ohio(〈スタンダード・オイル〉の項参照)を創立したのが,近代産業としての石油産業の始まりといえる。…

※「タイタスビル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タイタスビルの関連キーワードスタンダード石油アメリカ合衆国石油産業ドレーク

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイタスビルの関連情報