タウスク(英語表記)Victor Tausk

世界大百科事典 第2版の解説

1877‐1919
オーストリアの精神分析医。S.フロイト初期の弟子の一人で,精神分析と精神病理学統合,精神病の精神分析的研究に貢献した。また,同一性や自我境界の概念を,はじめて精神分析の領域に導入した。主著は《精神分裂病における影響機械》(1919)。後になって,彼の知的野心や独創性の主張に不快を感じていたフロイトと感情的なもつれを引き起こし,特異な女流作家ザロメ(アンドレアス・ザロメ)との交際を経て,婚約者との結婚8日前に自殺した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる