タウヒーディー(英語表記)al-Tawhīdī, Abū Hayyān

世界大百科事典 第2版の解説

タウヒーディー【al‐Tawḥīdī】

922‐1023
シーラーズ生れのムスリムの文人。バグダードで文法学,言語学,詩学,法学,神学,哲学などを修得し,神秘主義思想にも深く傾倒した。博識と優れた文才のゆえに各地で併立していたブワイフ朝君主たちの庇護を受けたが,いずれも長続きせず,イラクやイランの諸都市を放浪する生涯を送った。レイで仕えた政治家を批判する《二人の宰相の悪徳》や宮廷サロンのようすを生き生きと伝える《楽しみと社交》などの著作がある。【佐藤 次高】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる