コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社交 シャコウ

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐こう〔‐カウ〕【社交】

人と人とのつきあい。世間での交際。「社交のうまい人」「社交場」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゃこう【社交】

文字どおりには,人と人とのつきあい,社会での交際,世間のつきあいを意味するが,社会学的な観点からは,社会を成り立たせる原点としてとらえられる。たとえば,社会学者のG.ジンメルは,諸個人間の相互作用によって集団や社会が生成される過程,すなわち社会形成過程(社会化Vergesellschaftung)に関して,その形式における純粋型を想定し,それに〈社交性Geselligkeit〉という概念を当てた。またG.ギュルビッチは,社会的現実を構成する要素として,〈社交性sociabilité〉,すなわち社会的交渉形態を考えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃこう【社交】

社会生活を営む上で必要な、人と人とのつきあい。世間づきあい。 「 -上手」 「 -になれた主人/門 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

社交の関連キーワードsocial wearボールルームダンスフォックストロットソーシャルダンスクイックステップハイソサエティーティーパーティーカクテルラウンジフラタニティダンスホールデビュタントナイトクラブワンステップ社会不安障害ギュルビッチシャペロンソーシャルカドリーユ椎名しづ子ジンメル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社交の関連情報