タウンゼンド放電(読み)タウンゼンドほうでん(英語表記)Townsend discharge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

気体放電における持続放電の第一段階。微光放電暗光放電,または暗放電ともいう。気体放電について研究した J. S. E.タウンゼンドにちなんでこの名がある。電流密度は非常に小さく,発光も弱い。電子やイオンによる空間電荷の影響は小さく,電圧-電流特性は正特性に近い。電流の増加とともにグロー放電へ移行する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

法則の辞典の解説

電子衝突によって起こる気体のイオン化で維持される放電.持続放電の第一段階である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

微光放電,暗光放電ともいう.持続放電の第一段階で,不平等電場でのコロナ放電はこの形式である.電極間の電圧をあげてタウンゼンド放電が起こるときの電圧を破壊電圧(breakdown voltage)とよび,この電圧付近ではわずかの電圧変化でも電流は急変し,グロー放電に移行する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android