タウンゼンド放電(読み)タウンゼンドほうでん(英語表記)Townsend discharge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウンゼンド放電
タウンゼンドほうでん
Townsend discharge

気体放電における持続放電の第一段階。微光放電暗光放電,または暗放電ともいう。気体放電について研究した J. S. E.タウンゼンドにちなんでこの名がある。電流密度は非常に小さく,発光も弱い。電子やイオンによる空間電荷の影響は小さく,電圧-電流特性は正特性に近い。電流の増加とともにグロー放電へ移行する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android