コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカネナナカマド

百科事典マイペディアの解説

タカネナナカマド

ナナカマド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タカネナナカマド
たかねななかまど
[学]Sorbus sambucifolia (Cham. et Schl.) Roem.

バラ科の落葉低木。高さ1~2メートル。幹と枝に皮目があり、若い枝には毛がある。葉は互生し羽状複葉、小葉は9~11枚、卵状長楕円(ちょうだえん)形で先はとがり、縁(へり)に鋭い重鋸歯(じゅうきょし)がある。6~8月、枝先に径約1センチメートルの赤みを帯びた白色の5弁花を数個、上または横向きに開く。雄しべは20本、雌しべは花柱5本、子房は下位。果実はなし状果で垂れ下がり、楕円形で径約1センチメートル、宿存した5枚の萼片(がくへん)があり、赤く熟す。中部地方以北の本州、北海道の高山帯に生え、千島、樺太(からふと)(サハリン)、沿海州に分布する。名は、植物体全体が同じくバラ科のナナカマドに似ており、高山に生えることによる。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のタカネナナカマドの言及

【ナナカマド】より

… 北海道から九州まで広く分布し,高山帯にも生ずる。また,本州中部以北と北海道の高山帯には,ほかにタカネナナカマドS.sambucifolia Roem.とウラジロナナカマドS.matsumurana Koehneの2種が分布し,本州中部以西にはナンキンナナカマドS.gracilis (Sieb.et Zucc.) C.Koch(イラスト)などが分布する。材が堅いため,細工用に利用されることがある。…

※「タカネナナカマド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タカネナナカマドの関連キーワード夏緑樹林

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android