コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチクラマゴケ(立鞍馬苔) タチクラマゴケSelaginella nipponica

1件 の用語解説(タチクラマゴケ(立鞍馬苔)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチクラマゴケ(立鞍馬苔)
タチクラマゴケ
Selaginella nipponica

イワヒバ科の常緑性シダ植物関東地方以西の本州,四国,九州および朝鮮半島,中国に分布する。原野や山麓の湿地や日当りのよいところに生える。茎は長さ 15cm前後に達し,多数の枝を出して群生し,密に地表をおおう。茎および葉は上面が暗緑色で,葉はややゆがんだ卵形。直立した小枝の先に胞子嚢穂を各1個つける。大胞子,小胞子の2種類が形成される。和名は茎が立上がるクラマゴケの意。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone