コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タチジャコウソウ(立麝香草) タチジャコウソウThymus vulgaris; common thyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチジャコウソウ(立麝香草)
タチジャコウソウ
Thymus vulgaris; common thyme

シソ科の小低木状の多年草で,南ヨーロッパの原産。単にジャコウソウと呼ぶこともある。タイムともいう。日本には江戸時代に薬草として伝えられた。日本の高山植物であるイブキジャコウソウ (伊吹麝香草) に似ているが茎は直立し,葉柄がなく,葉がやや厚質な点で区別される。植物体全体に芳香のある精油成分を含み,葉をもむとよい香りがする。本種は枝を挿木してふやすことができる。ヨーロッパではソーストマトケチャップの香料として用いられるほか,咳止めの薬用にする。和名は茎が直立することによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone