タチジャコウソウ(立麝香草)(読み)タチジャコウソウ(英語表記)Thymus vulgaris; common thyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タチジャコウソウ(立麝香草)
タチジャコウソウ
Thymus vulgaris; common thyme

シソ科の小低木状の多年草で,南ヨーロッパの原産。単にジャコウソウと呼ぶこともある。タイムともいう。日本には江戸時代に薬草として伝えられた。日本の高山植物であるイブキジャコウソウ (伊吹麝香草) に似ているが茎は直立し,葉柄がなく,葉がやや厚質な点で区別される。植物体全体に芳香のある精油成分を含み,葉をもむとよい香りがする。本種は枝を挿木してふやすことができる。ヨーロッパではソースやトマトケチャップの香料として用いられるほか,咳止めの薬用にする。和名は茎が直立することによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android