コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッキリ峡 タッキリきょう

2件 の用語解説(タッキリ峡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タッキリ峡【タッキリきょう】

台湾の花蓮北方にある峡谷。漢字では立霧峡。立霧渓とも。渓流は台湾山脈の奇莱主山と合歓山の間に発し,曲流しつつ大沙渓を合わせ,最深1000mにも達する深い峡谷をなして東流し太平洋に注ぐ。
→関連項目花蓮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タッキリきょう【タッキリ峡】

中国,台湾省の東部,花蓮市の北にある峡谷。塔格利渓,立霧渓とも書く。中央山脈の石灰岩地帯に形成された深い峡谷で,最深1000mにも達する。峡谷の長さは約40kmにわたり,その間多くの洞窟や滝がみられる。天祥の東方の渓谷には太魯閣峡があり,景観はもっとも雄大である。東西横断道路が峡谷にそって走り,観光客があとをたたない。大理石細工が土産品である。【西村 睦男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone