コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花蓮 ハナバチス

デジタル大辞泉の解説

はな‐ばちす【花×蓮】

花の咲いている(はす)。蓮の花。
「日下江(くさかえ)の入江のはちす―」〈・下・歌謡〉

かれん〔クワレン〕【花蓮】

台湾東部にある県。面積は最大だが峻厳な山地が海岸部までせり出す地形のため、人口は少ない。「花蓮薯」と呼ばれるサツマイモの饅頭が名物。ホワリエン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

花蓮【かれん】

台湾の東海岸中部の県名,市名。花蓮市は港湾都市で,日本統治時代に作られた東海岸随一の近代的な港があり,化学工業,セメント工業が盛ん。北方タッキリ峡(立霧峡)の水力発電の開発により,工業都市としても発展した。
→関連項目太魯閣

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かれん【花蓮 Huā lián】

中国,台湾省の東部にある港市で,花蓮県の県都。人口10万8000(1995)。南方の台東との間にのびる狭長な平野の北端に位置し,平野を後背地とする商業中心地。また北方にある太魯閣峡観光の基地でもある。台北との間に航空路があるほか,東西横断道路によって西部地方と通じ,北方の蘇澳(すおう),南方の台東とは鉄道で結ばれている。花蓮港は掘込式の港湾で,1万トン級の船が出入りできる国際港である。【西村 睦男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花蓮
かれん / ホワリエン

台湾の中東部にある、台湾東部最大の港湾都市。花蓮県の県庁所在地。少数民族アミ族の本拠地である。花蓮港は台湾の三大良港の一つで、周辺に大理石の山が多く景観が優れている。台湾東部の交通の要衝で、蘇花(そか)公路、中部横貫公路、北廻(ほっかい)鉄道、東部鉄道などが通じる。米、砂糖、パイナップル(缶詰)などの農産物のほか、東部開発の拠点として、セメント、肥料、木材、大理石などの産業が発展している。[劉 進 慶]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の花蓮の言及

【隈取】より

…歌舞伎の化粧法。江戸荒事劇にはじまり,時代物一般に用いられる。顔面筋肉を基調に各種地色へ紅,青黛(せいたい)などの油性顔料で片ぼかしに筋を描き,血気,怪異,姦佞(かんねい)など,役柄を誇張して表現する。荒事の英雄とこれに対する敵役や鬼畜・神仏の化身など,非写実的・ロマン的演劇が,隈取の発達の基礎をなした。元禄~正徳(1688‐1716)のころにはすでにその複雑多岐なパターンが成立していたとみられる。…

【生旦浄丑】より

…中国の伝統的演劇では,人物の性別・身分・性格などによって類型的に分けられた役柄を〈脚色〉というが,その代表的なもの。生は男役,旦は女役,浄は敵役で時に道化味を帯びるもの,または特異な性格をもつ豪傑的人物,丑は道化役,または小悪人的人物を指す。おのおのの役柄は年齢などによってさらに細分されており,例えば,京劇では,生はふけ役の老生,若者に扮する小生,立回りを主とする武生に分かれ,そのおのおのがまたいくつかに分かれている。…

※「花蓮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

花蓮の関連キーワードタイルーコー(太魯閣)峡チョンヤン(中央)山脈タイトン(台東)平原ホワリエン(花蓮)県ホワリエン(花蓮)市ハイアン(海岸)山脈タイトン(台東)市スーアオ(蘇澳)ロイソイ(瑞穂)引田部赤猪子花蓮の忠烈祠井上 伊之助太魯閣峡谷中川 幸庵阿美文化村孤蓬 万里原 脩次郎原 修次郎海洋深層水キールン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

花蓮の関連情報