コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッチング タッチング tatting

翻訳|tatting

3件 の用語解説(タッチングの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タッチング
タッチング
tatting

糸を巻いた小さなシャトル (糸巻の一種) を用いて,1本の糸でつくる手工レースループとそれを固定する結び目から成っている。名称はよく似たインドのレース,タッティ tattieに由来するが,技法の起源は明らかでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

タッチング(tatting)

シャトルという舟形の編み具を操作し、1本の糸で小さな輪をたくさんつくって連ねるレース編み。衣服の装飾、テーブルクロスなどの縁飾りに用いる。タティングタッチングレース

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タッチング

レース編みの一種。シャトル(杼)という舟形の器具を用い,1本の糸の上に結び目を並べて美しい弓状の曲線を作る。ドレスの替えカラーハンカチの縁取りなどに応用され,あらい糸で編んだものはカーテンにもされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

タッチングの関連キーワードボビンシャトルコック糸巻の太刀シャトルシャトル便糸巻糸巻法螺ヘリシャトルシャトルプレーシュトルーデル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タッチングの関連情報