タッチング(英語表記)tatting

翻訳|tatting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タッチング
tatting

糸を巻いた小さなシャトル (糸巻の一種) を用いて,1本の糸でつくる手工レース。ループとそれを固定する結び目から成っている。名称はよく似たインドのレース,タッティ tattieに由来するが,技法の起源は明らかでない。繊細で軽やかな外観を特徴とし,フランスではフリボリテ frivolité (軽いもの,か弱いものなどの意) と呼ばれた。 18世紀に貴婦人の手すさびとして流行した。日本には明治時代初期に西洋文明とともに伝わり,昭和の初めに流行した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android