コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニタデ(谷蓼) タニタデCircaea erubescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニタデ(谷蓼)
タニタデ
Circaea erubescens

アカバナ科の小さな多年草で,東アジア温帯に広く分布する。日本のほぼ全域にわたり,山地林縁路傍に生じる。高さ 20~40cmで茎は赤い。葉は柄があって対生し,長さ3~6cmの三角状卵形で波状鋸歯がある。夏に,総状花序にまばらな小花をつける。花は淡紅色で径3~5mm,4枚ある花弁の先端は3つに分れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タニタデ(谷蓼)の関連キーワードアカバナ科

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android