タニタデ(谷蓼)(読み)タニタデ(英語表記)Circaea erubescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニタデ(谷蓼)
タニタデ
Circaea erubescens

アカバナ科の小さな多年草で,東アジア温帯に広く分布する。日本のほぼ全域にわたり,山地林縁路傍に生じる。高さ 20~40cmで茎は赤い。葉は柄があって対生し,長さ3~6cmの三角状卵形で波状鋸歯がある。夏に,総状花序にまばらな小花をつける。花は淡紅色で径3~5mm,4枚ある花弁の先端は3つに分れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android