コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニタデ(谷蓼) タニタデCircaea erubescens

1件 の用語解説(タニタデ(谷蓼)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニタデ(谷蓼)
タニタデ
Circaea erubescens

アカバナ科の小さな多年草で,東アジアの温帯に広く分布する。日本のほぼ全域にわたり,山地の林縁や路傍に生じる。高さ 20~40cmで茎は赤い。葉は柄があって対生し,長さ3~6cmの三角状卵形で波状の鋸歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone