コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タバン・ロ・リヨン Taban lo Liyong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タバン・ロ・リヨン
Taban lo Liyong

[生]1938./1939. アングロ・エジプト・スーダン南部
ウガンダ人を両親に,スーダン南部で生まれたアチョリ人(アチョリ族)の作家。英語とアチョリ語で執筆。カンパラのウガンダ国立教育大学を卒業後アメリカ合衆国に渡り,ハワード大学で政治学を,アイオワ大学創作科で文芸を学び,アフリカ人としては初めての文学修士号を取得。1968年以降ケニアのナイロビ大学に勤務し,その間にアチョリ人やマサイ人(マサイ族)の口頭伝承の研究をした。1975年パプアニューギニア大学の英文科主任として赴任。その後スーダンのジューバ大学,次いで南アフリカ共和国のベンダ大学で教える。東洋文化にも関心を示す。詩集『フランツ・ファノンの不揃いな肋骨』Franz Fanon's Uneven Ribs(1971),『低開発のバラッド』Ballads of Underdevelopment(1976),短編集『フィクションズその他』Fixions and Other Stories(1969),評論集『最後の言葉』The Last Word(1969)がある。ほかに,日本での滞在経験に基づく詩集『山をも溶かす言葉』Words That Melt a Mountain(1996)などがある。辛辣な風刺とユーモアが特徴。(→アフリカ文学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タバン・ロ・リヨンの関連キーワード久松静児マキノ雅広斎藤寅次郎清水宏田坂具隆森一生稲垣浩山本嘉次郎吉村公三郎ホロコースト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android