タマラ(英語表記)Tamara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマラ
Tamara

[生]1160頃
[没]1213
グルジアの女帝 (在位 1184~1213) 。皇帝ゲオルギー3世の娘として生れ,ザカフカジエのほとんど全域に勢力を及ぼすなどグルジアの政治,経済,文化のうえに隆盛をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タマラ【Tamara】

1165ころ‐1213
グルジア王国最盛期の女王。在位1184‐1213年。祖父ダビト4世の政策を継ぎ,セルジューク・トルコの残存勢力を破って領土を拡大し,1204年のトレビゾンド帝国建国を助け,アナトリア東部,カフカス北部の支配者をも従えた。バジル会議(サバジロ)を設けて,諸公会議(ダルバジ)の発言力を押さえ,王権の強化に力をつくした。彼女の治世下にグルジア封建制は,最高度に発展したといわれる。【北川 誠一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タマラの関連情報