コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマラ タマラ Tamara

2件 の用語解説(タマラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマラ
タマラ
Tamara

[生]1160頃
[没]1213
グルジアの女帝 (在位 1184~1213) 。皇帝ゲオルギー3世の娘として生れ,ザカフカジエのほとんど全域に勢力を及ぼすなどグルジアの政治,経済,文化のうえに隆盛をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タマラ【Tamara】

1165ころ‐1213
グルジア王国最盛期の女王。在位1184‐1213年。祖父ダビト4世の政策を継ぎ,セルジューク・トルコの残存勢力を破って領土を拡大し,1204年のトレビゾンド帝国建国を助け,アナトリア東部,カフカス北部の支配者をも従えた。バジル会議(サバジロ)を設けて,諸公会議(ダルバジ)の発言力を押さえ,王権の強化に力をつくした。彼女の治世下にグルジア封建制は,最高度に発展したといわれる。【北川 誠一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タマラの関連キーワードクタイシトゥグルク朝最盛期スベティツホベリ大聖堂ギオルギ[5世]ティグラン[2世]バグラト朝カンボジア王国グルジア王国サウジアラビア王国

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タマラの関連情報