コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレビゾンド帝国 トレビゾンドていこく

世界大百科事典 第2版の解説

トレビゾンドていこく【トレビゾンド帝国】

第4回十字軍のコンスタンティノープル占領(1204)の際,ポントスの黒海沿岸ギリシア都市トレビゾンドTrebizond(別名トラブゾン,古名トラペズスTrapezus)に落ち延びたビザンティン貴族アレクシオス・大コムネノスが,ゲオルギア女王タマルの支援で建てた国家(1204‐1461)。公式の支配者称号は,〈全アナトリア,イベリア(カフカス南)人,ならびに海のかなたの地(クリミアを指す)の皇帝basileus kai autokrator〉。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレビゾンド帝国
トレビゾンドていこく

トラペズス帝国」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のトレビゾンド帝国の言及

【トラブゾン】より

…前7~前6世紀に建設され,古くからイラン,中央アジア方面への通商路の起点として繁栄してきた。第4回十字軍のコンスタンティノープル占領の際,ここを逃れたコムネノス家が1204年トレビゾンド帝国を樹立し,その首都となってから1461年にオスマン帝国に併合されるまで,アナトリアにおけるギリシア文化の中心地であった。第2次大戦後港湾の改良工事が行われ,タバコ,茶,鉱物,林産物などのイスタンブール方面への積出港として重要である。…

※「トレビゾンド帝国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トレビゾンド帝国の関連キーワードメフメト(2世)タマラ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android