タラマンカ(英語表記)Talamanca

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「タラマンカ」の解説

タラマンカ
Talamanca

コスタリカパナマ国境をなす一帯をいう。チリポ・グランデ山 (3819m) を最高峰とするタラマンカ山脈が走る密林地帯で,この密林を保護するためコスタリカ側はラ・アミスタット自然保護区 (面積 3584km2) を,パナマ側はラ・アミスタット国立公園 (面積 2070km2) を設置している。その半分以上が伐採されてしまったとはいえ,中央アメリカ最大規模の熱帯雨林地帯で,南北アメリカ大陸の接合部であると同時に,海岸地域から山岳地帯の標高差が大きいことから,地形や気候の差も激しく,動植物の種類が非常に多い。キヌバネドリの仲間のケツアールやハチドリなどの鳥類をはじめ,ホエザル,ノドチャミユビナマケモノ,ヤドクガエルなどの珍しい動物,ジャングル特有の着生植物などが微妙な生態系のバランスを保っている。コスタリカ側の自然保護区は 1983年に,パナマ側の国立公園は 1990年にそれぞれ世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android