コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラート・パシャ タラート・パシャTalat Paşa

1件 の用語解説(タラート・パシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タラート・パシャ
タラート・パシャ
Talat Paşa

[生]1874. オスマン帝国エディルネ
[没]1921.3.15. ドイツベルリン
オスマン帝国末期の政治家。フルネーム Mehmed Talat Paşa。タラート・ベイともいわれる。18歳でエディルネの電報局で働くかたわら,政治結社青年トルコ」の一員として政治活動に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のタラート・パシャの言及

【青年トルコ】より

…08年ニヤージNiyazi(1873‐1912)らの若手将校の武装蜂起を契機として,憲法の復活を一方的に宣言,スルタンはこれを追認し第2次立憲体制期に入った。中央集権派が国会議員を独占したが,09年イスタンブールでの兵士の反乱(3月31日事件)により一時勢力を後退させ,反乱鎮圧により勢力を増大,13年クーデタにより政権を握り,エンウェル・パシャ,タラート・パシャTalāt Paşa(1874‐1921),ジェマル・パシャCemal Paşa(1873‐1922)の三頭政治を行った。革命政権は,オスマン帝国としての立場を強調するオスマン主義から,しだいにトゥラン主義の影響をうけてトルコ・ナショナリズムの立場を強め,これは非トルコ系諸民族の抑圧につながった。…

※「タラート・パシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

タラート・パシャの関連キーワード島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ岩崎弥太郎カズヌーヴ菊池三渓善助成島柳北西周

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone