コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タリファ Tarifa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タリファ
Tarifa

スペイン南西部,アンダルシア州,カディス県の町。県都カディスの南東約 80km。ジブラルタル海峡にのぞむタリファ岬先端に位置する。古代ローマ人の植民都市であったが,ムーア人に占領され,要塞化された。 1292年にサンチョ4世がキリスト教徒の手に奪回石炭煉瓦,タイル,コルクなどを産する。漁業も盛んで,魚の塩漬も特産。人口約1万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

タリファ(Tarifa)

スペイン南部、アンダルシア州の港町イベリア半島最南端のタリファ岬があり、ジブラルタル海峡の最狭部をなす。711年、スペインで最初にイスラム教徒の支配下になり、現在も城壁や要塞の跡が残る。マグロ漁をはじめとする漁業、缶詰工業が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タリファの関連キーワードサンチョ4世(勇猛王)コスタデラルスコスタデルソルアルヘシラスロビンソン

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android