コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンタ Tạnṭā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンタ
Tạnṭā

エジプト北部,ナイルデルタ中央部の都市。ガルビーヤ県の県都。カイロの北北西約 100kmに位置する。ナイルデルタ最大の都市の一つで,綿花の集散地として知られている。 13世紀,イスラム神秘主義者アフマド・アルバダビーがここを本拠として活躍した。彼の生誕を祝う祭り (マウリド) はエジプト最大のもの。 13世紀創立のアフマド神学校は現在,カイロのアズハル大学の分校。綿紡績,綿実油搾油をはじめ,羊毛紡績,製粉,たばこ,マカロニ製造などの工場がある。人口 37万 3500 (1986推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンタ
たんた
Tanta

エジプト北部、ナイル・デルタの中央にある都市。ガルビーヤ県の県都。ナイル川のダミエッタ分流とロゼッタ分流との間に位置する。人口37万2893(1996)。デルタ地域の鉄道・道路交通の要所として発展した。現在は繊維、油脂工業が立地するほか、石油パイプラインの中継点で石油精製工場がある。13世紀のアハマッド・バダウィーの墓があるモスクを中心に年3回開かれる祭りと市(いち)が有名で、多くの巡礼者が訪れる。[藤井宏志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

タンタの関連キーワード蒼鉛タンタル石(データノート)鉄タンタル石(データノート)アフマド・アルバダウィータンタル薄膜混成集積回路タンタル(データノート)ニオブ・タンタル鉱物グリーンブッシュ鉱山エジプト軍最高評議会一方向凝固共晶合金カフルアッザイヤトノルマンディー半島カフルアッシャイフバスノルマンディーエジプト革命と軍シビーンアルコムウォッジーナ鉱山タンタロスの飢えバナジウム族元素コウコウ〈初代〉エルパライソ遺跡

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タンタの関連情報