コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンタ タンタ Tạnṭā

2件 の用語解説(タンタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンタ
タンタ
Tạnṭā

エジプト北部,ナイルデルタ中央部の都市。ガルビーヤ県の県都。カイロの北北西約 100kmに位置する。ナイルデルタ最大の都市の一つで,綿花の集散地として知られている。 13世紀,イスラム神秘主義者アフマド・アルバダビーがここを本拠として活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タンタ
たんた
Tanta

エジプト北部、ナイル・デルタの中央にある都市。ガルビーヤ県の県都。ナイル川ダミエッタ分流とロゼッタ分流との間に位置する。人口37万2893(1996)。デルタ地域の鉄道・道路交通の要所として発展した。現在は繊維、油脂工業が立地するほか、石油パイプラインの中継点で石油精製工場がある。13世紀のアハマッド・バダウィーの墓があるモスクを中心に年3回開かれる祭りと市(いち)が有名で、多くの巡礼者が訪れる。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タンタの関連キーワードタニスマンスーラルクソールエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜古代エジプト語サーンイルハガルベニスエフラフーン

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンタの関連情報