コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンブーラ タンブーラ tambura

4件 の用語解説(タンブーラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

タンブーラ(tambura)

インドの主に古典音楽の伴奏に用いられる撥弦(はつげん)楽器。木製または匏(ひさご)製の胴と長くて比較的太い棹(さお)からなる。ドローンとして常に開放弦が奏される。→ドローン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

タンブーラ

インドのリュート撥弦楽器。タンプーラとも。インド音楽不可欠なドローン(持続音)用の楽器。通常金属弦4本を1度と5度に調弦し,指でとぎれることなく鳴らし続ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タンブーラ【tambūra】

インドの弦楽器イラスト)。タンプーラtampūraとも呼ばれる。古典音楽の伴奏楽器として用いられている。木製またはふくべ製の胴にフレットなしの長い棹がつき,通常,弦の数は4本で旋律を作る上で基盤となる7音のうちの主音のサとその5度上のパの音に調弦し,指で順番に弦をはじいて,とぎれることなく鳴らし続ける。このドローン(持続音)はインド音楽に不可欠のもので,奏法は比較的簡単であるが,主奏者につねに正しい音程を与えることを任務とするので,狂いやすい調弦には絶えず気を使わなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

タンブーラ【tambūra】

インドのリュート属の撥弦楽器。木または瓠ふくべ製の胴に長い棹さおを持ち、四本の金属弦を張る。開放弦のみを奏し、持続音用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタンブーラの言及

【アフガニスタン】より

…正式名称=アフガニスタン・イスラム国Dowlat‐e Eslāmī‐ye Afgānestān∥Islamic State of Afghanistan面積=65万2225km2人口(1996)=1190万人首都=カーブルKābul(日本との時差=-5時間)主要言語=パシュト語,ペルシア語(ダリー語)通貨=アフガニAfghaniアジア大陸のほぼ中央部に位置し,北緯29゜30′から38゜30′まで,東経60゜30′から75゜にわたる地域を占める。…

※「タンブーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タンブーラの関連キーワード擦弦楽器サーランギ撥弦楽器糸竹ウインドエスキプーラスクルアンサーイ小弦水のいらないリンスインシャンプーランプール・グレーハウンド

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タンブーラの関連情報