コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンブーラ tambura

百科事典マイペディアの解説

タンブーラ

インドのリュート属撥弦楽器。タンプーラとも。インド音楽に不可欠なドローン(持続音)用の楽器。通常金属弦4本を1度と5度に調弦し,指でとぎれることなく鳴らし続ける。駒のところに糸をはさみ,余韻豊かな独特の響きを作る。南北共通して用いられる楽器であるが,大きさ,材質などに違いがあり,南のタンブーラは北に比べて音色が地味。今日では持運びに便利なハルモニウムやシュルティ・ボックスで代用されることもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タンブーラ【tambūra】

インドの弦楽器(イラスト)。タンプーラtampūraとも呼ばれる。古典音楽の伴奏楽器として用いられている。木製またはふくべ製の胴にフレットなしの長い棹がつき,通常,弦の数は4本で旋律を作る上で基盤となる7音のうちの主音のサとその5度上のパの音に調弦し,指で順番に弦をはじいて,とぎれることなく鳴らし続ける。このドローン(持続音)はインド音楽に不可欠のもので,奏法は比較的簡単であるが,主奏者につねに正しい音程を与えることを任務とするので,狂いやすい調弦には絶えず気を使わなければならない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

タンブーラ【tambūra】

インドのリュート属の撥弦楽器。木または瓠ふくべ製の胴に長い棹さおを持ち、四本の金属弦を張る。開放弦のみを奏し、持続音用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のタンブーラの言及

【アフガニスタン】より

…正式名称=アフガニスタン・イスラム国Dowlat‐e Eslāmī‐ye Afgānestān∥Islamic State of Afghanistan面積=65万2225km2人口(1996)=1190万人首都=カーブルKābul(日本との時差=-5時間)主要言語=パシュト語,ペルシア語(ダリー語)通貨=アフガニAfghaniアジア大陸のほぼ中央部に位置し,北緯29゜30′から38゜30′まで,東経60゜30′から75゜にわたる地域を占める。…

※「タンブーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

タンブーラの関連キーワードストリート・ファイティング・マンユーゴスラビア音楽ドローン(音楽)タンブールシタール

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android