コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンペレ大聖堂 タンペレだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

タンペレだいせいどう【タンペレ大聖堂】

フィンランド南部、西スオミ州の都市タンペレ(Tampere)の市街にある大聖堂。タンペレ駅から約300mの場所にある。1902~1907年に建設され、1923年から大聖堂として使用されるようになった。アールヌーボーの影響を受けたフィンランドロマン主義建築で、ラールス・ソンク(Lars Sonck、1870~1956年)の代表作とされている。聖堂に6つある出入り口を囲む石壁には、6つの門がつくられている。大聖堂の礼拝堂には2000人が収容できる。聖堂内にはマグヌス・エンッケルの祭壇画や、フーゴ・シンベルグの「傷ついた天使」、「死の庭」などの作品がある。現在は挙式会場やコンサート会場としても利用されている。◇正式名称は「聖ヨハネ教会」(St.John's Church)。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android