コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンペレ大聖堂 タンペレだいせいどう

1件 の用語解説(タンペレ大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

タンペレだいせいどう【タンペレ大聖堂】

フィンランド南部、西スオミ州の都市タンペレ(Tampere)の市街にある大聖堂。タンペレ駅から約300mの場所にある。1902~1907年に建設され、1923年から大聖堂として使用されるようになった。アールヌーボーの影響を受けたフィンランドロマン主義建築で、ラールス・ソンク(Lars Sonck、1870~1956年)の代表作とされている。聖堂に6つある出入り口を囲む石壁には、6つの門がつくられている。大聖堂の礼拝堂には2000人が収容できる。聖堂内にはマグヌス・エンッケルの祭壇画や、フーゴ・シンベルグの「傷ついた天使」、「死の庭」などの作品がある。現在は挙式会場やコンサート会場としても利用されている。◇正式名称は「聖ヨハネ教会」(St.John's Church)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タンペレ大聖堂の関連キーワードタンペレフィン人フィンランディアスオミフィン語芬蘭スオメンリンナВыборгフィンランドバスソークママとボクのフィンランドバス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone