コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダッフ daff

翻訳|daff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダッフ
daff

アラブ諸国とトルコの古典音楽で用いられるタンブリンの一種。寸法と枠の周囲につけられる小型のシンバルの数は地域によって異なる。名称もまちまちで,duff,defまたは tef (トルコ) ,tar (マグレブ) などと呼ばれ,ヘブライ語 tofとのつながりが考えられる。北アフリカ,西アジア,インドで民俗音楽に使われるシンバルのつかないフレイム・ドラムもこの名で呼ばれることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

岩石学辞典の解説

ダッフ

絡み合った泥炭質の森林腐植土で,その下部にある鉱物質の土壌からはっきりと分化したもの[Romell & Heiberg : 1931].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内のダッフの言及

【ダーイラ】より

…この一面太鼓は奏者が左手で枠の下部を支えて,あたかも盾のごとく前に構え,両手の指先で膜面をたたきさまざまな音色とリズムを作り出す。 この太鼓はやはりアラビア語でドゥッフ(ダッフdaff)またはタールṭār,トルコ語でデフdef,マズハルmazharと呼ばれるものと同種であるが,ダーイラの名称はイラン,パキスタン,アラブ諸国で一般的である。またグルジアではダイラdaira,ウズベキスタンやタジキスタン,アフガニスタンではドイラdoira,また東ヨーロッパのアルバニアやマケドニアではダイレdaireの呼称で知られる。…

【ドゥッフ】より

…西アジア,北アフリカおよびインドで用いられる,篩(ふるい)の形をして円い木枠にヤギ革を1枚張った一面太鼓(イラスト)。ダッフdaffともいう。アラブやトルコの古典音楽に用いられるものは,直径約25~30cmで,木枠の側面に3~5対の小型シンバルが取り付けられている。…

※「ダッフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ダッフの関連キーワードラッセル・M. グリフィンマーク ジェイコブズボタン(服飾付属品)青年アイルランド党ダッフィーバスダッフル織りムハマディヤジェラトーニマンダレーデービスダファーダッフルドゥッフトッグル粗腐植MaO糸博

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android