コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマスカス国立博物館 ダマスカスこくりつはくぶつかんNational Museum of Damascus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマスカス国立博物館
ダマスカスこくりつはくぶつかん
National Museum of Damascus

シリア,ダマスカスにある博物館。 1919年創立。シリアで発掘された遺構の移転,復元を基本として設立され,シリア砂漠の中央パルミラで 34~35年に発掘された地下式墓『イアルハイの家族墓』や,その西南方で発掘されたウマイヤ朝時代の建築,壁画などがここに移転,復元されている。 22年以降ドゥラ=エウロポス遺跡で発掘された壁画『ユノンとその家族の祭儀』はパルティア美術を知るうえで貴重である。ほかに古代のギリシア・ローマ美術やビザンチン美術の作品も収蔵する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダマスカス国立博物館の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android