コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダマスカス文書 ダマスカスぶんしょDamascus Document

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダマスカス文書
ダマスカスぶんしょ
Damascus Document

1897年からユダヤ教学者ソロモン・シェヒターにより,カイロのベン・エズラ会堂の書庫 (ゲニザ) から発見され,1910年ケンブリッジで刊行されたヘブライ語による古代ユダヤ教の文書。この書中の「サドクの子孫」がこの書を奉じた一派の自称と考えられたところから,サドク派文書とも呼ばれた。しかしサドクの子孫は福音書のサドカイ派とは異なっており,むしろ思想,組織でクムラン教団に類似を示すが,両者の関係について確かなことはわからない。彼らはダマスカスに移住,その地で新しい契約に入ったことを述べ,パリサイ派を批判しつつも,きびしい律法のもとに罪を避け,終末を待望していたことが知られる。移住の時期にも通説はないが,紀元前後のユダヤ教について貴重な資料となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダマスカス文書の関連キーワード国木田独歩ウナムーノ国木田独歩サンクト・ペテルブルグシベリア鉄道フィリピン革命ジャン ロラン帝国大学ストリンドベリマラルメ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android