ダルベッコ(英語表記)Dulbecco, Renato

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ダルベッコ」の意味・わかりやすい解説

ダルベッコ
Dulbecco, Renato

[生]1914.2.22. イタリア,カタンツァロ
[没]2012.2.19. アメリカ合衆国,カリフォルニア,ラホヤ
イタリア生まれのアメリカ合衆国のウイルス学者。1936年トリノ大学を卒業。1947年アメリカに渡り,インディアナ大学カリフォルニア工科大学で研究生活を続け,1954年カリフォルニア工科大学教授。その後,ロンドンの王立癌研究所所長,カリフォルニア州ラホヤのソーク生物学研究所研究教授を歴任。1950年代に動物ウイルス(→ウイルス)の培養法を開発し,感染細胞でのウイルス定量検定の技術を確立した。ポリオーマウイルスデオキシリボ核酸 DNA宿主であるマウスの細胞の DNAに挿入する実験では,細胞が変質して癌化し,ウイルスの DNAが複製されるとともに癌細胞が増殖することを観測した。この実験はヒトの癌も同様の過程で発生することを示唆するものであった。1975年,教え子のハワード・M.テミン,デービッド・ボルティモアとともにノーベル生理学・医学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android