ダン・チャン(英語表記)dan tranh[ベトナム]

世界大百科事典 第2版の解説

ダン・チャン【dan tranh[ベトナム]】

ベトナムの代表的チター属楽器。弾と記される。16の箏にあたる。13~14世紀からベトナムで使われ始め,当時は15弦であったという記録もある。現在のものは,日本の箏より小型で,可動の柱のほか糸巻をもつ。弦は17世紀までは絹であったが,その後は金属。右手の親指と人差指(北では中指にも)に金属製の義甲をはめて奏し,左手は弦の張力を変化させて,押出などのこまかいニュアンスづけを行う。独奏のほか,月琴ダン・グエット(弾月)と合わせたり,それに2弦の胡弓ダン・ニーを合わせた合奏,あるいは改良劇(ハット・カイ・ルオン)等で用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android