コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダン・チャン dan tranh[ベトナム]

1件 の用語解説(ダン・チャンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダン・チャン【dan tranh[ベトナム]】

ベトナムの代表的チター属楽器。弾箏と記される。16弦の箏にあたる。13~14世紀からベトナムで使われ始め,当時は15弦であったという記録もある。現在のものは,日本の箏より小型で,可動の柱のほかに糸巻をもつ。弦は17世紀までは絹であったが,その後は金属。右手の親指と人差指(北では中指にも)に金属製の義甲をはめて奏し,左手は弦の張力を変化させて,押出などのこまかいニュアンスづけを行う。独奏のほか,月琴ダン・グエット(弾月)と合わせたり,それに2弦の胡弓ダン・ニーを合わせた合奏,あるいは改良劇(ハット・カイ・ルオン)等で用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダン・チャンの関連キーワード弦鳴楽器交趾ベトコンベトナム語ホーチミン市越僑西沙諸島エアロバクター属日本ベトナム間賠償借款協定ベトナムのコメ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダン・チャンの関連情報