コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダーラム大聖堂 ダーラムダイセイドウ

2件 の用語解説(ダーラム大聖堂の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ダーラム‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【ダーラム大聖堂】

Durham Cathedral》⇒ダラム大聖堂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダーラム大聖堂
だーらむだいせいどう
Durham Cathedral

イングランド北東部の都市、ダーラムにあるイギリスロマネスク様式の大聖堂。樹木に覆われた傾斜の強い丘の上にそびえ、イギリス聖堂建築のなかでとくに威厳のある外観をみせる。1093年起工、1135年ごろまでに内陣からアプス(後陣)に及ぶ部分と身廊の穹窿(きゅうりゅう)がまず完成し、1170~75年には西端部にナルテックス(前廊)が増築された。さらに1217~26年に西側正面(ファサード)の双塔が建立され、1242年に「九祭壇の礼拝堂」とよばれる翼廊の整備が完了した。1986年にダーラム城とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。
 この聖堂の様式は本質的にはロマネスクであるが、細部にはノルマン侵入(1066)後に発達したアングロ・ノルマン様式が顕著に認められる。まず身廊や内陣におけるリブ穹窿の出現で、ヨーロッパの聖堂建築ではもっとも早期に属する。次に身廊の側面における明層(あかりそう)、小アーチ、大アーチの三層構成に示される立体性と、それによる旋律的な効果である。さらにアーチの縁や円柱に施されたノルマン独自の幾何学模様が、堂内に一種の神秘的な雰囲気をもたらしている。ノルマンの建築家たちが残したこれらの成果は、やがてイギリス・ゴシック建築への飛躍台となった。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダーラム大聖堂の関連キーワードダラム大聖堂聖アン大聖堂聖カニス大聖堂聖フィリップ大聖堂聖マーカー大聖堂聖マハー大聖堂セントアン大聖堂ダーラム城ノリッチ大聖堂バンガー大聖堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone