コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダール・エーレン Dáil Éireann

翻訳|Dáil Éireann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダール・エーレン
Dáil Éireann

1919年1月シン・フェーン党がダブリンに創設したアイルランド国民議会。同党はアイルランド自由国の独立を宣言し,復活祭蜂起の指導者の一人 E.デ・バレラを大統領とする閣僚を選出した。このためアイルランドとイギリスの間に激しい抗争が続いたが,国民議会はアイルランドの立憲的な立法府であることを表明し続けた。イギリス=アイルランド平和条約が 22年1月8日国民議会で批准され,アイルランド自由国の成立が承認されると,条約の内容に不満なデ・バレラは大統領を辞任,その後共和党の旗のもとに議会に復帰し,32年第7回国民議会で共和党内閣を発足させた。 37年「エール」の国名が採用され,48年の国民議会にフィン・ゲール党党首 J.コステロ首相のもとでアイルランド共和国法案が提出され,49年アイルランド共和国の成立が正式に宣言された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダール・エーレンの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android