ダール・エーレン(英語表記)Dáil Éireann

翻訳|Dail Eireann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1919年1月シン・フェーン党ダブリンに創設したアイルランド国民議会。同党はアイルランド自由国の独立を宣言し,復活祭蜂起の指導者の一人 E.デ・バレラを大統領とする閣僚を選出した。このためアイルランドとイギリスの間に激しい抗争が続いたが,国民議会はアイルランドの立憲的な立法府であることを表明し続けた。イギリス=アイルランド平和条約が 22年1月8日国民議会で批准され,アイルランド自由国の成立が承認されると,条約の内容に不満なデ・バレラは大統領を辞任,その後共和党の旗のもとに議会に復帰し,32年第7回国民議会で共和党内閣を発足させた。 37年「エール」の国名が採用され,48年の国民議会にフィン・ゲール党党首 J.コステロ首相のもとでアイルランド共和国法案が提出され,49年アイルランド共和国の成立が正式に宣言された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android