コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルノフツィ

百科事典マイペディアの解説

チェルノフツィ

ウクライナ西部の都市。プルート川に臨む。ウクライナ名はチェルニフツィChernivtsi。織物,食品などの工業が行われる。大学(1875年創立)がある。1408年の年代記に名が記されている古都。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェルノフツィ【Chernovtsy】

ウクライナの同名州の州都。人口25万9000(1991)。プルート河畔に位置し,1944年までチェルノビツィChernovitsyと呼ばれていた。ルーマニアとの国境に近い。軽工業,食品工業,木工業,機械工業が盛んである。1408年から史料にその名が知られており,モルドバ公国領であったが,1775年オーストリア領となり,1918‐40年はルーマニア領,41年7月~44年3月はドイツ軍の占領下にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チェルノフツィ
ちぇるのふつぃ
Черновцы Chernovts

ウクライナのチェルノフツィ州の州都。ルーマニアとの国境に近いカルパティア山脈北麓(ほくろく)に位置し、プルート川上流に沿う。1944年までチェルノビツィЧерновицы/Chernovitsと称した。人口24万1000(2001)。少なくとも1408年から記録に記され、17~18世紀の教会が残る。鉄道交通の中心地。電子機器、織物、縫製、皮革などの工場があり、食肉、油脂、精糖(テンサイ糖)などの農産物加工も盛ん。1875年創立の大学、民族建築博物館がある。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チェルノフツィの関連キーワードイワノ・フランコフスクミクリチ=ラデツキパウル ツェラーンプルート[川]チェルニウツィエールリヒツェラーン渡辺一夫東部戦線ブコビナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android