コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェロキー憲法 チェロキーけんぽうConstitution of the Cherokee Nation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェロキー憲法
チェロキーけんぽう
Constitution of the Cherokee Nation

1827年7月 26日にアメリカ南東部のチェロキー族インディアンがみずからの手で制定し発布したチェロキー国の基本法。6章から成り,まず国家の境界線を明示して,その内部での主権と司法管轄権がチェロキー政府にあるとし,司法・行政・立法権の分立を規定している。全国を8つの地区に分け,各地域の有権者によって選ばれた代表が委員会と協議会を組織し,この両者から成る総会議が立法部を構成する。最高の行政権は総会議によって選ばれた第1族長に与えられた。司法権は最高裁判所および巡回裁判所,下級裁判所におかれた。アメリカインディアンがみずから作成し発布した最初の憲法として,またアメリカ国内に主権をもった国家が出現した最初の実例として重要な意義がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェロキー憲法の関連キーワードカニングアーベルカニングシュトラウスソル冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android