コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェロキー族 チェロキーぞくCherokee

翻訳|Cherokee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェロキー族
チェロキーぞく
Cherokee

北アメリカ南東部,アパラチア山脈南部に居住するアメリカインディアンの一民族。言語はイロコイ語族に属する。文化的には近隣のクリーク族ときわめて近かったが,白人との接触以来,白人の文化を積極的に取入れた。 1821年セコイアという混血青年が音節文字をつくり,北アメリカで唯一の文字をもつ先住民であった。 19世紀後半にオクラホマ州指定居留地へ強制移住させられた。人口はオクラホマ州に約5万人,ノースカロライナ州に約 3000人と推定される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェロキーぞく【チェロキー族 Cherokee】

北アメリカ南東部のアパラチア山脈南部地方に居住しているイロコイ系の言語を話すインディアン。隣接するクリーク・インディアンの言葉で〈異なる言葉を話す人々〉を意味する。農耕と狩猟が主要な食料獲得法であった。北アメリカの植民地建設の初期からヨーロッパ人と衝突したことで知られる。18世紀半ばにまずイギリス人植民者と戦闘状態にはいり,独立戦争当時にも植民者側と対立した。1820年代に独自の政府を樹立し,セコイアSequoyahによる〈チェロキー文字〉(アルファベットをモデルにした文字)の創出など,文化的にも栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のチェロキー族の言及

【アメリカ・インディアン】より

…南部のサウス・カロライナ植民地では18世紀初頭以来インディアン奴隷狩りと奴隷貿易がさかんに行われ,そのため部族間の対立と戦争が助長され捕虜の奴隷化が促進された。東部森林文化領域南西部の有力部族であるクリーク族チェロキー族はイロコイ諸族のように植民勢力間の敵対関係を巧みに利用して中立の立場を守ったが,フレンチ・インディアン戦争においてはチェロキー族はイギリスと敵対した。(2)独立革命から南北戦争後まで(1760‐1880年代) 独立戦争では,大半の部族がイギリスと同盟して愛国派軍に対抗した。…

【ボール】より

…〈まり〉が球体を意味する〈まろ(丸)〉の転訛であったように,〈ボールとは丸いもの〉という命題は相当に古くから行われていたらしく,いわゆる未開社会にも知られていたことは,太陽あるいは満月をボールと同一視する彼らの神話から窺うことができる。例えばアメリカ・インディアンのチェロキー族は,ラクロス球技をテーマにした次のような話を伝えている。二つの村の対抗戦ではいつも一方の村が勝っていた。…

【文字】より

…西アフリカのバムン文字は20世紀の初めにつくられ,アラビア文字やローマ字の存在を知りながらまったく関係のない文字をつくりあげているばかりでなく,単語文字に出発して音節文字化したという。アメリカ・インディアンのチェロキー族は19世紀に文字をつくったが,字体からみるとローマ字の大文字・小文字に似たものが多数みとめられながら,個々の字の音価は(たとえばRは[e]を,Tは[i]を,Yは[gi]を表すというように)ローマ字のそれとはまるで関係のない音節を示すものである。また,中国の南西部の少数民族を教化するために,19世紀の末から線と丸の組合せで新しい音節文字が宣教師によって考案され,効果の著しいものがあることが報告された。…

※「チェロキー族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チェロキー族の関連キーワードブルーリッジパークウエーグレートスモーキー山地チェロキー憲法クリーブランドガンターズビルユネーカ山脈モールトリーチェロキー語チョクトー族ノックスビルチャタヌーガG. ハットチェロキー強制移住法スコットボールロス

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェロキー族の関連情報