コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チオウラシル thiouracil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チオウラシル
thiouracil

グアニジンのイミド基の代りにSの入った形をもつチオアミド類の一つで,抗甲状腺剤に属する。甲状腺においてヨウ素イオンが酸化され,元素状のヨウ素になるのを抑制し,甲状腺ホルモン (サイロキシン) の合成を阻害することにより作用を現す。消化管からすみやかに吸収され,代謝,排泄も速い。臨床的には甲状腺機能亢進症 (バセドウ病) の治療に用いられるが,副作用が強く,重篤な白血球減少症薬疹,発熱,リンパ節腫脹などがみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チオウラシルの関連キーワードバセドウ病(グレーブス病)プロピルチオウラシル薬剤による脱毛症甲状腺ホルモン剤ゴイトロゲン抗甲状腺薬グアニジン

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android