コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チゴケムシ チゴケムシ Dakaria subovoidea

2件 の用語解説(チゴケムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チゴケムシ
チゴケムシ
Dakaria subovoidea

触手動物門苔虫綱唇口目ヒラコケムシ科。岩石や貝殻の上,または船底などに暗赤褐色の円盤上や波状に隆起した群体をつくる。個虫は長方形,虫室の口は半円形の下縁湾入をもった横楕円形で,虫室腹壁には小さな円孔が一様に散在する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チゴケムシ
ちごけむし / 血苔虫
[学]Dakaria subovoidea

触手動物門苔虫(こけむし)綱裸喉(らこう)亜綱唇口(しんこう)目ヒラコケムシ科に属する海産小動物。日本各地の潮間帯で普通にみられる。小さな個虫が多数集合癒着して暗赤褐色の群体をつくる。この群体の色が静脈血に似ているのでこのような名がついている。群体は石や貝殻の上を薄く覆って円盤状あるいは扇状に広がる。個虫はコケムシ類としてはかなり大きく長さ1ミリメートルほどあり、表面には多数の円形の穴が密集して分布している。唇口類の仲間は、たとえば近縁種トゲコケムシのように、外敵防御や群体の清掃など特殊な目的を果たすために異形個虫とよばれる個虫を分化させるのが通例であるが、チゴケムシはそのような異形個虫をいっさいもたない。また、卵室とよばれる受精卵を保育する構造物ももたないので、卵は個虫の虫室内で幼生となるまで育てられる。船底や筏(いかだ)などに付着して害を与える汚損生物の一つである。[馬渡峻輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チゴケムシの関連キーワード苔虫類触手動物スズコケムシヒラハコケムシ苔虫大毬苔虫コケムシ(苔虫)チゴケムシ(血苔虫)フサコケムシ(総苔虫)触手動物門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チゴケムシの関連情報